カードローンでお金を借りると金利がかかります。この金利は実はかなり大きなものなのですが、使いようによってはむしろ安く見えるようなこともあるかもしれません。多くのカードローンでは、金利は平均して年利18%程度です。ちなみにこの数字は法律で上限が決まっていて、それを越えるような利息を取ることは違法となっています。

多くの消費者金融で、ほとんど似たような数字が並んでいるのはこのためです。ちなみに、もし上限を越えるような利息負担を求められたような場合、その金融機関はいわゆる闇金と呼ばれます。こういう場合、法律上は実は一切の利息を支払う必要がありません

それどころか、借りたお金を返す必要さえも、法律上は無いのです。これは何か不思議な気がするかもしれません。上限を越えた場合、上限を越えた分は確かに支払う必要がないのは理解できるけれども、全く利息を支払わなくてもよいとか、元本さえも返済する必要がないというのは法律上どうなっているのかというわけです。

これは、法律の保護を受けることができるのは、法律を守る人だけという原則によります。そもそもお金を貸した場合、一定の利息をつけたうえで返済を求めることができるというのは、法律にそう書いてあるからです。その定めを無視して高い利息を取ろうとするような無法者が、借りたお金は返すべしというその点においてだけ法律を持ち出すことはできないと言っているわけです。

もちろんこれはあくまでも法律上の話です。そもそもそういう無法な利息を取ろうとする者が、法律上は元本すら返済の必要がないと聞かされても、はいそうですかとおとなしく引き下がるとは到底思えませんから、その点は理解しておく必要があるでしょう。

今では銀行の定期預金などでも利息はコンマ以下の数字が並んでいます。それでもカードローンの金利はかなりの数字を保ったままになっています。ですから、利用するときはよく考えてからにしましょう。