キャッシングは、クレジットカードやキャッシングカードを使って、現金を借りることです。ATMやCDで出金することができます。クレジットカードには、ショッピング枠以外に、クレジット枠があり、クレジットカードを申し込むと一緒についてきます。申込した覚えがない方も多いはずです。

キャッシング枠の範囲内では、カードの有効期限内はキャッシングが可能で、一括払いで返済しても、利息がかかります。利率は、クレジットカードが届いたときに、必ず書いています。ショッピングの一括払いには利息は付きません。

ただし、ショッピング枠の返済が延滞している場合は、カードが一時的に利用停止されているので、キャッシングして、そのお金で返済することはできなくなっています。キャッシングは、短期的に融資を受けることになるので、一括で返済することが多く、返済日には利息を入れて、元金を返済します。

カードローンは、融資の限度額を持ったカードで、限度額は人それぞれによって大きく違ってきます。少ない方で10万円くらいから、数百万円の方までいます。金利も様々で、限度額が大きいほど金利は低く設定されています。

金利が低い方がいいからと言って、限度額を高く申請することはできません。審査は、限度額が低い方が通りやすく総量規制と言う法律で、借入は収入の三分の一までと決められているからです。カードローンは、リボルビング払いで毎月定額を長期的に返済していくことになるため、返済を続けて限度額に余裕ができれば、また借りることができます。借りたり返したりが続くのが、カードローンです。

キャッシングは消費者金融で金利は高めに、カードローンは銀行または銀行系の消費者金融などで、金利が低めに設定されています。審査は、キャッシングに比べて、カードローンの方が通りにくくなっています。 同じような商品がたくさん出ていて選ぶのに迷いますが、自分に合う会社を一社選んで、申し込むことが大切です。