カードローンの在籍確認について

お金はいつどんな時に必要になるかわからないので、何があってもいいようにしっかり蓄えておくことが大事です。とは言うものの病気などで、思うようにお金を蓄えられないという人もいます。

貯金は全然ないけど、どうしても急いでまとまったお金が必要な場合は、金融業者(おすすめサイトはこちら→キャッシング比較の巨匠.jp)などが扱うカードローンを利用するといいでしょう。担保や保証人を用意する必要がないので、誰にも迷惑をかけずに自分の責任で借金ができます

カードローンは限度額の範囲内なら、何度でも繰り返してお金を借りられて便利なので人気があります。最近は、ライフスタイルにあわせたカードローンの商品を提供する金融業者も多いので、アルバイトやパートだけで生計を立てている人でも利用しやすいです。

しかし、カードローンに申込むと職場への在籍確認があるので、あまり利用したくないという人もいます。やはり在籍確認で職場に金融業者から電話がかかってくると、同僚や上司にカードローンを利用することが知られるんじゃないかと不安になるからでしょう。

金融業者からの在籍確認の電話は、業者名を名乗らず担当者の個人名を名乗るので、周りに知られる心配はいりません。在籍確認の電話も、生年月日などの簡単な質問だけで、時間もかからないので業務に影響がでることはありません。

営業なので外回りばかりという人もいますが、そういう人でもその職場に在籍していることがわかれば、本人が電話にでなくても在籍確認は終了となります。それでも、職場に知らない人から電話がかかってくると、周りに怪しまれるかもと不安に感じる人もいますが、そういう人はWEB完結をおこなう業者を利用するといいでしょう。

WEB完結なら、手続きもすべてWEB上でおこなうので在籍確認がなしになるケースもあります。その職場で働いていることが証明できる書類を提出することで、職場へ電話する在籍確認の代わりにできる業者もあります。業者の担当者に確認するといいでしょう。

お金を借りる人との付き合い方

お金を借りる人には理由がそれぞれあります。ご自分の借金ではなく、親や保証人になってしまっての人の借金を返すためにお金を借りなければならない方もいらっしゃいます。

この場合、親の借金は相続放棄をすれば支払わずに済みますし、保証人にはなるべきでなないと言われたりもしますので回避する方法はあります。そのためそうゆう方との付き合い方はそれほど心配はありません。むしろおひとよしな性格な方が多いようです。

問題なのは、ご自分で借金を作り、お金を借りる方との付き合い方です。お店を出す、家を買う、車を買うなど過度ではないローンを組まなければならない場合は仕方がありませんし、どなたでもすることですので、ここでは除外します。そうではなく、ギャンブルや過多なショッピング、ゲームの課金のし過ぎや、スマートフォン依存などでの借金です。

基本的に借金を作るということは収入と支出のバランスがきちんと計算できないということですので、だらしのない方が多いようです。なにをしていてもバランスさえ計算できていれば、借金はできませんし、お金を借りることもしなくて済むはずです。

闇金融に借金をする人は最終的に支払えなくなると夜逃げしてしまったりするケースもありますし、きちんと自己破産申請をする方もいらっしゃいます。ご自分で何とかなさるのであれば、迷惑を被ることはないので、あまり付き合いを深くはしたくない相手ではありますが、縁を切るほどではないでしょう。

一番問題なのは、友人としてまたは、親戚としてお金を貸してほしい、保証人になって欲しいと言われてきた時でしょう。その友人なり親戚とこれからも付き合っていくつもりがあるのかないのか、借金の作り方がどうだったのかなどを色々鑑みて、きちんと見極めた方が良いでしょう。

申し出額より少なく手渡し、返さなくてもいいからもう二度と来ないでくれと縁を切る、悪いけれどお金は貸せないと丁重に断りそれで切れる関係なら縁を切る、それでも友達付き合い親戚付き合いが出来る方なら付き合いを続ける、などシビアではありますが、付き合い方に気を付けることが大切です。

銀行と消費者金融のカードローンとは?

カードローンには銀行や信用金庫、消費者金融などの種類があります。銀行や信用金庫のカードローンとは何か、消費者金融のカードローンの違いはどこにあるのか、カードローンをこれから利用して見たい人にとっては気になる部分ではないでしょうか。カードローンとはどのようなローンになるのか興味を持っている人も多いと言えましょう。

カードローンは、申し込み時に希望額を提示して審査を受けますが、希望額通りの金額になるケースと金額が下がるケースがあります。これは申し込みを行った人の返済能力に応じて、申し込み時の希望額になるのか否かが決まります。審査に通過すると契約を交わし、利用限度額と言う使える金額が決定します。

カードローンの場合は、利用限度額内であれば、返済を行って限度額を元に戻しておけば何度でもお金を借りられると言った特徴を持ちます。

例えば、100万円の利用限度額の場合、毎月10万ずつを利用して行くと、10か月で利用限度額はゼロになりますが、毎月1万円や2万円と言うお金を返済するため、11か月間お金を借り続ける事も出来ます。
11か月目には利用限度額はゼロになってしまうのですが、この時100万円の返済を行えば利用限度額はスタート時に戻り、繰り返しお金を借りる事が出来るようになるわけです。

お金の使い道が自由になると言うのもカードローンの特徴の一つですし、申し込みに担保や保証人が要らないと言うのもカードローンの特徴と言えましょう。

尚、銀行や信用金庫と消費者金融のカードローンの違いと言うのは、総量規制が適用されるか否かの違いなどであり、消費者金融のカードローンの場合は、申し込み希望額は年収の3分の1未満まで、他社からの借入を持つ場合には、申し込み希望額と他社からの借入額の合計が年収の3分の1未満になっている必要があります

銀行や信用金庫の場合は総量規制適用外になるため、返済能力に応じた希望額を提示して審査を受ける事が出来ます。

カードローンの金利負担について

カードローンでお金を借りると金利がかかります。この金利は実はかなり大きなものなのですが、使いようによってはむしろ安く見えるようなこともあるかもしれません。多くのカードローンでは、金利は平均して年利18%程度です。ちなみにこの数字は法律で上限が決まっていて、それを越えるような利息を取ることは違法となっています。

多くの消費者金融で、ほとんど似たような数字が並んでいるのはこのためです。ちなみに、もし上限を越えるような利息負担を求められたような場合、その金融機関はいわゆる闇金と呼ばれます。こういう場合、法律上は実は一切の利息を支払う必要がありません

それどころか、借りたお金を返す必要さえも、法律上は無いのです。これは何か不思議な気がするかもしれません。上限を越えた場合、上限を越えた分は確かに支払う必要がないのは理解できるけれども、全く利息を支払わなくてもよいとか、元本さえも返済する必要がないというのは法律上どうなっているのかというわけです。

これは、法律の保護を受けることができるのは、法律を守る人だけという原則によります。そもそもお金を貸した場合、一定の利息をつけたうえで返済を求めることができるというのは、法律にそう書いてあるからです。その定めを無視して高い利息を取ろうとするような無法者が、借りたお金は返すべしというその点においてだけ法律を持ち出すことはできないと言っているわけです。

もちろんこれはあくまでも法律上の話です。そもそもそういう無法な利息を取ろうとする者が、法律上は元本すら返済の必要がないと聞かされても、はいそうですかとおとなしく引き下がるとは到底思えませんから、その点は理解しておく必要があるでしょう。

今では銀行の定期預金などでも利息はコンマ以下の数字が並んでいます。それでもカードローンの金利はかなりの数字を保ったままになっています。ですから、利用するときはよく考えてからにしましょう。

キャッシングとカードローンの違いについて

キャッシングは、クレジットカードやキャッシングカードを使って、現金を借りることです。ATMやCDで出金することができます。クレジットカードには、ショッピング枠以外に、クレジット枠があり、クレジットカードを申し込むと一緒についてきます。申込した覚えがない方も多いはずです。

キャッシング枠の範囲内では、カードの有効期限内はキャッシングが可能で、一括払いで返済しても、利息がかかります。利率は、クレジットカードが届いたときに、必ず書いています。ショッピングの一括払いには利息は付きません。

ただし、ショッピング枠の返済が延滞している場合は、カードが一時的に利用停止されているので、キャッシングして、そのお金で返済することはできなくなっています。キャッシングは、短期的に融資を受けることになるので、一括で返済することが多く、返済日には利息を入れて、元金を返済します。

カードローンは、融資の限度額を持ったカードで、限度額は人それぞれによって大きく違ってきます。少ない方で10万円くらいから、数百万円の方までいます。金利も様々で、限度額が大きいほど金利は低く設定されています。

金利が低い方がいいからと言って、限度額を高く申請することはできません。審査は、限度額が低い方が通りやすく総量規制と言う法律で、借入は収入の三分の一までと決められているからです。カードローンは、リボルビング払いで毎月定額を長期的に返済していくことになるため、返済を続けて限度額に余裕ができれば、また借りることができます。借りたり返したりが続くのが、カードローンです。

キャッシングは消費者金融で金利は高めに、カードローンは銀行または銀行系の消費者金融などで、金利が低めに設定されています。審査は、キャッシングに比べて、カードローンの方が通りにくくなっています。 同じような商品がたくさん出ていて選ぶのに迷いますが、自分に合う会社を一社選んで、申し込むことが大切です。

飲み会資金の為にキャッシングを利用している事例は多い

給与所得者の方々は、しばしばキャッシングを利用しています。その理由も人それぞれなのですが、案外と多いのが飲み会ですね。 そもそもサラリーマンの方々は、お付き合いが非常に多いです。同僚の方々から声をかけられて、仕事帰りに飲みに行っているサラリーマンなどは非常に多いのですね。

ところで飲みに行くとなると、やはりお金はかかります。少なくとも無料ではないのです。どれくらいのお金がかかるかはお店次第ですが、やはり数千円や一万円以上かかる事が多いのではないでしょうか。

そしてサラリーマンの方々としては、その飲み会の誘いはちょっと断りづらい一面がありますね。会社の同僚とのお付き合いの問題があるので、うかつに断ってしまいますと、人間関係が微妙になってしまう事もあるでしょう。

ちなみに上司から誘われた時には料金などは発生しないことは多々あります。上司が会社の経費で支払ってくれますので、飲み代などは無料になる事もあるのですが。しかし会社の同僚から誘われた時には、やはり話は別でしょう。まとまった費用がかかってしまう訳です。

そのような局面で、キャッシングが活用される事が多いのですね。そもそも飲み会の誘いとなると、できるだけ速やかにお金を用意する必要があるでしょう。当日中に資金調達が必要になる事が多いですね。 そのようなパターンでは、給与所得者の方々は手持ちのカードのキャッシング枠を利用している事が多いと考えられます。

賃金業者の実店舗に立ち寄って、わざわざ新規の申し込みをしているサラリーマンの方は、ちょっと少ないと思います。たいていの有職者の方々は何かしらカードを保有している事が多いので、その枠を用いて資金調達をしているケースが多いようなのですね。 ちなみに飲み会目的でその枠を利用する事例は、2番目に多いと言われています。冠婚葬祭でその融資商品が用いられる事例が圧倒的に多いのですが、その次が飲み会と言われているのですね。

おまとめローンでキャッシングの一本化をする

人は、便利なものへ、簡単な方へ、楽な方へ、と身を委ねて行きます。これらがプラスとして作用すれば良いのですが、マイナスの作用となり自堕落な方向へ向かうのなら、いつかは歯止めを掛けてストップしないといけないでしょう。もしもお金に困った事があったなら、カードローンなどのキャッシングでお金を借りるのはとても便利で簡単です。

苦労せずして、申込をして審査に通りさえすればサッとお金を出してくれるので、まるでアニメのドラえもんの不思議なポケットみたいです。けれどアニメは現実ではありません。お金を借りたのなら、後でリスクが残ります。そのリスクとは返済する事です。

お金を借りたら返済して借金が完済するまで、新たに借りないで過ごせれば、特に問題は無いのですが、1度簡単に借りたら便利なものだと思い、増額融資を受けて、そしてもうこれ以上借入不可能となれば、また別の企業に申込みをしたりして、あっちこっちの企業から借入を増やす人も居ます。これを多重債務者と言います。

たくさん借りても、借りた時点では助かりますが、その後は何も良い事は無くて、返済ばかりの日々を暮らす事になるでしょう。このような状態では、返済額が大幅に掛かります。返済には一部の元金と、利息の支払いが個々掛かりますので、借りた借金ごとの返済で多重になるのです。それをまとめて一本化できるキャッシング商品があります。それはおまとめローンと言うものです。

おまとめローンは多重債務を1つに出来るので、何件も返済していた事柄も1箇所で済むという利点もありますし、返済する金額もまとめることで減る場合もあるのです。何もかも楽になります。この企業は幾ら返済して、この企業は何時に返済日だとか、この企業はあと幾ら借金が残っているなど、多重な返済管理もしなくて済みますのでとても楽になるでしょう。おまとめローンで多重債務のキャッシングを一本化するのはプラスに働く作用となるので、とても良いものであると思います。

現在借りている額の1日あたりの手数料を計算する方法

 

人々は、たまにキャッシングの1日あたりの金額が気になっています。そもそもそれを利用する以上は、必ず手数料がかかりますね。その料金は、軽視できない一面があります。その料金が具体的にどれくらいかかるか知りたい方々も、非常に多いのですね。 計算方法は、それほど難しくはありません。基本的には年利が分かっていれば十分です。それと現在の借入額によって、計算する事が可能です。

例えばある会社から、100万を借りた状況を考えてみましょう。その会社での年間の手数料が、18%だとします。その場合は、もちろん1年間で18万かかる訳ですね。 ところでそれは1年あたりの金額になります。それは1日に直す事もできるのですね。 当然ですが1年間は、365日になります。ですので上記の18万という数字を365で割りますと、1日あたりの金額を算出する事ができるのです。ですので上記の事例では、1日に発生する手数料は493円という事になります。
ちなみに厳密に申し上げると、493.15円なのですね。しかし実際には四捨五入されるケースが圧倒的に多いので、小数点以下は切り捨てになります。

そして上記の数字は1日あたりの金額になりますので、例えば100万を借りた時に1週間経過した時の手数料は、約3,450円という事になります。 つまり1日当たりの手数料の計算式としては、まずは借りている金額に手数料を乗じます。その金額を365で割ると、1日あたりの手数料を算出する事ができるのですね。計算方法は、それほど難しくないと思います。単純に割り算をするだけだからです。

ただ実際にそれを計算するにしても、少々複雑になる事もあります。複数の会社から借りた状況では、色々とややこしい計算になりがちですね。 ですので1日あたりが金額を知りたい時は、ちょっと金融会社のコールセンターに電話をするのが無難でしょう。会社に電話をすれば、必ず答えてくれるからです。キャッシングのコールセンターには、そのような役割があるからです。

キャッシングの申込時には丁寧さが求められる

業者から借りる場合は、まず申込が必要です。その際には、丁寧さが求められる傾向があります。 丁寧さと申し上げても色々あるのですが、その1つが字ですね。借りる時には、たいてい申込書に記入をする事になるでしょう。その際の字などは、かなり重視される傾向があります。

というのも業者は、その申込書の字は丁寧か否かを見ているのですね。申込のための用紙を送ると、もちろん業者はチェック作業を行うのですが、その項目の1つが字の丁寧さなのです。あまり乱雑な字で申込書を書いてしまいますと、それだけで落とされてしまう事があります。

したがって基本的には丁寧に書く必要がありますが、別に達筆である必要はありません。ペン習字などを習っている必要はなく、あくまでも丁寧に書かれているかどうかが重視されるので、気をつけて書けば特に問題は無いでしょう。金融会社が字を判読しやすいかどうかが、大きなポイントになりますね。

それともう一つ軽視できない要素があって、キャッシングの際の電子データ送信なのです。最近ではほとんどの会社はWEBで申し込みできるようになっていますが、その際には独自のフォームに入力をするケースが一般的です。 ところがその入力の際に、何か間違いがあると落とされてしまう確率が高まるのですね。特に数字データなどは、ちょっと注意を要するでしょう。

入力する欄の1つに、住所があります。それには自分が住んでいる自宅の番地などを入力する事になりますが、その数字が1つ間違っているだけでも、落とされてしまう場合があります。 というのも業者としては、内容の正確さを重視しているのです。間違った内容は入力してしまっていれば、それだけで落とされる確率が高まります。

ですので入力をした時には、ちょっと丁寧に見直しをすると良いでしょう。業者にデータ送信をする前に、必ず丁寧に一読して、間違いが無いかどうかを確認すると良いですね。特に住所欄は注意を要します。

利息なしと言っているものでも…。

給料日が来るまで、短期的に支えになってくれるのがキャッシングだと思っています。少しの間だけ貸してもらうのなら、とても良い方法だと考えられます。最近人気の無利息キャッシングを行う時に、消費者金融会社次第ですが、1回目の借入時のみ30日間無利息という契約内容で「貸し付けOK!」といったサービスをしているところも目立ちます。ここにきて、銀行がグループ化している一定以上の規模を持つ消費者金融業者のみならず、実に多くの貸金事業者が、キャッシングでの無利息サービスを標榜するようになりました。信販系や消費者金融系のカードローンというのは、総量規制の対象になるのですが、銀行カードローンサービスは、除外されるようです。

カードローンの審査そのものをパスすることができれば、融資を受けることができると聞きます。役立つ即日キャッシングを利用しようと思う人は、申込時の審査をクリアしなければならないということです。各種審査項目の中で、特に優先されますのが、申込者本人の“信用情報”だと言っていいでしょう。審査の合格ラインには達していないけれども、ここまでの利用状況によっては、キャッシングカードを作る事が可能なこともあると言われます。

審査の実態を認識して、要領を得た申込をしなければなりません。どのようにして貸し倒れを招かないようにするか、そうでなければ、そのリスクを軽減するかに留意しているわけです。従いまして審査を実施する時は、古くからの信用情報が心強い味方になると言われています。いわゆる消費者金融でキャッシングすることに後ろ向きな気持ちがあると言うなら、実は銀行でも即日融資OKのところがありますから、銀行を訪れてカードローンを上手く活用してみると重宝すると思います。好きなカードローンを発見することができたという状況だとしても、どう考えても不安になるのは、カードローンの審査にパスできて本当にカードを受け取ることができるかどうかという部分ではありませんか?利息なしと言っているものでも、無利息とされている期間と利息が計算される期間が設定されていますので、あなたが利用するローンとしてマッチするかどうか、ぬかりなく分析してから申し込まなければなりません。

銀行につきましては、銀行法という法律の範囲で事業を展開しているということから、貸金業法で定められる総量規制は除外して考えて問題ありません。つまり、働いていない奥様でも銀行が出しているカードローンを利用することで、借り入れもできなくはないということです。即日融資のサービスがあるカードローンの優位な所と言えば、やっぱりいち早くお金を貸してもらえるところだと思います。その上限度額の範囲内であるならば、何回であろうとも借り入れることができます。昔は「キャッシングでお金を借りる」となれば、電話、あるいは無人契約機を利用しての申込み手続きが通例だったのです。それが近年ではネットが浸透したことにより、キャシングの申込み手続きはますます楽になってきています。いま目を通して頂いているサイトは、「早急にキャッシュが入り用になった!」などという人に向けて、即日キャッシングを謳っているところを、シビアに検証して、お見せしているサイトになります。即日融資を実行してもらう場合は、やっぱり審査に欠かすことができない各種書類を用意していかないといけません。身分証明書は当然として、今の所得額を証明する書類のコピーなどが必要とされます。